ホームルーターの比較とおすすめランキングについて。据え置きwifiの回線はどれが良いか。

ホームルーターのwifiについておすすめランキングなどをまとめています。

主なホームルーターの一覧

製品名 月額 契約年数 口コミ、レビュー
ソフトバンクエアー
3,800〜
4,880円
2年
(端末代分割は3年)
レビューを見る
Broad WiMAX
2,726〜
4,011円
3年
(計 131,352円)※
レビューを見る
GMOとくとくBB WiMAX
2,590〜
4,263円
3年
(計 132,494円)※
-
カシモWiMAX
1,380〜
4,079円
3年
(計 134,048円)※
-
BIGLOBE WiMAX
3,980円 1年
(端末代分割は2年)
口コミを見る
※ 3年の月額を合計した金額

ホームルーターの選び方のポイントと注意点

ホームルーターを選ぶ上でのポイント以下の通りです。

・ソフトバンクエアーとWiMAXの大きく2種類がある
・ソフトバンクエアーは容量無制限だが速度低下がある
・WiMAXは速度が速いが3日10GB制限
・WiMAXは会社毎に月額が違う

ソフトバンクエアーとWiMAXの大きく2種類がある

ルーターワン
ルーターワン

メジャーなホームルーターはソフトバンクエアーとWiMAX系だワン

現在主流となるホームルーターは大きく分けてソフトバンクエアーWiMAX系の製品があります。

それぞれ特徴があるため、自分の目的に合っている方を選択しましょう。

ソフトバンクエアーは容量無制限だが速度低下がある

ルーターニャン
ルーターニャン

ソフトバンクエアーはギガ無制限だけど速度が遅い時間帯があるニャン

ソフトバンクエアーの特徴は通信容量の制限がない点です。

ただし、夕方や夜の時間帯は混雑の影響もあり低速化することが多くなり、回線が不安定という口コミも見られます。また、料金も一般的にWiMAXよりも高くなります。

WiMAXは速度が速いが3日10GB制限

ルーターワン
ルーターワン

WiMAXは速いけど3日で10GB以上使うと次の日は速度制限が入るワン

WiMAXの特徴は通信の速度が速い点です。また、一般的にソフトバンクエアーよりも料金が安い傾向があります。

デメリットは3日で10GB以上の容量を使うと速度制限がかかり、翌日の18時頃から翌々日2時頃まで1Mbps程度まで速度が低下する制限が入ります。

WiMAXは会社毎に月額が違う

wimaxニャン
wimaxニャン

WiMAXどの会社でも端末は同じ。違うのは月額などの料金だニャン

WiMAXは複数の会社が取り扱っており、各社によって月額の料金などが変わってきます

製品自体のスペックは変わらないため、自分の納得できる料金プランの会社で申し込むようにしましょう。

ホームルーターのおすすめランキング

第1位:Broad WiMAX(おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎)

製品名 Broad WiMAX
端末 HOME02、L02 (ホームルータータイプ)
通信容量 無制限 (3日で10GB制限あり)
月額 2,726円 (1-2ヶ月)
3,411円 (3-24ヶ月)
4,011円 (25ヶ月-)
初回事務手数料 (税抜) 3,000円
契約期間 3年
違約金 19,000円 (1年目)
14,000円 (2年目)
9,500円 (3年目-)
キャンペーン違約金 9,500円
公式サイト https://wimax-broad.jp/

メリット
・ソフトバンクエアーと回線が異なり安定

・wimax系の中で月額は最安級

・不満な場合は解約サポートで乗換えができる

デメリット
・WiMAX共通の3日10GB制限がある
・通常の違約金以外にキャンペーン違約金がある

第2位:ソフトバンクエアー(おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎)

製品名 ソフトバンクエアー
端末 Airターミナル
通信容量 無制限※
月額 (端末購入、税抜) 3,800円(1〜12ヶ月目)
4,880円(13ヶ月目〜)
初回事務手数料 (税抜) 3,000円
契約期間 2年
(端末支払いは3年)
違約金 (税抜) 9,500円
端末購入の残債 (税抜) 1,500円×36ヶ月の残月 (最大54,000円)
公式サイト https://ns-air.net/
※ 利用が集中する時間帯は、通信速度が低下の場合あり。

メリット

・圧倒的な知名度でユーザーも多い

・3日10GBの速度制限が無い
・キャッシュバックなどの特典が多い

デメリット
・速度が遅いという口コミが多い
・月額はWiMAX系より高め
・解約金とは別に3年以内の解約で端末代残債の支払い

第3位:BIGLOBE WiMAX(おすすめ度⭐︎⭐︎⭐︎)

製品名 BIGLOBE WiMAX
端末 HOME02、L02 (ホームルータータイプ)
通信容量 無制限 (3日で10GB制限あり)
月額 3,980円
端末代 19,200円
初回事務手数料 (税抜) 3,000円
契約期間 1年
違約金 1,000円
公式サイト https://join.biglobe.ne.jp/

メリット

・契約期間が1年のみ。WiMAXの中で圧倒的に短い
・違約金がたったの1,000円。

デメリット
・端末代が無料でないため、2年以内の解約だと残りの端末代も支払う
・月額3,980円は、WiMAXの中では少し高め。

 

ランキング第1位は「Broad WiMAX」です。回線が安定しやすいWiMAX系で月額が最安級である点がメリットです。

キャンペーン違約金という特有のデメリットもありますが、解約サポートを使うと違約金なしで他の回線に乗換えも可能であり、トータルで考えると非常にコスパが高く最もおすすめできるホームルーターです。

第2位は「ソフトバンクエアー」です。WiMAXと異なり3日10GBの速度制限が無いのがメリットです。速度が遅いといったような口コミも見られますが、容量を無制限で使いたい場合は向いています。

第3位は「BIGLOBE WiMAX」です。WiMAX系では珍しく契約期間の縛りが短い違約金も安い特徴があります。ただし、他のWiMAXと異なり端末代を支払う必要がある点は注意が必要です。

ランキング1位:Broad WiMAXの良い評判や口コミ、メリット

ランキング1位のBroad WiMAXについて、良い評判や口コミ、メリットを確認していきます。

回線が比較的安定している

ソフトバンクエアーから乗り換えたけど、速度や回線はWiMAXの方が安定している

Broad WiMAXの速度や回線は安定しているという評判がよくみられます。

ソフトバンクエアーの回線とは異なるため、上記の口コミのようにソフトバンクエアーからWiMAXに変えると速度が改善されたというケースも見られます。

月額が安い

Broad WiMAXの月額2,726円〜は本当に最安級

Broad WiMAXは月額においても良い評判がみられます。

Broad WiMAXは月額2,726円〜であり、3年使用の合計はWiMAX製品の中でも最安級となります。また、端末代も料金がかかりません。

月額 Broad WiMAX GMOとくとくBB BIGLOBE WiMAX
1〜2ヶ月 2,726円 2,590円 3,980円
3〜24ヶ月 3,411円 3,344円 3,980円
25ヶ月〜 4,011円 4,263円 3,980円
3年合計 131,352円 132,494円 143,280円

上記の通り、他のWiMAXと比較しても高コスパであることがわかります。

不満な場合は解約サポートで乗換えができる

Broad WiMAXは最悪、解約サポート使えば他の回線にタダで乗り換えられるから、割と安心して契約できる。

Broad WiMAXの特徴の一つに、解約サポート制度があり、こちらも比較的良い評判が見られます。


上記の口コミの様に、Broad WiMAXで速度が不満な時や、電波が悪い、光回線に変えたいなどの際に、本来Broad WiMAXでかかる解約の違約金がかからずに、他のサービスに乗り換えることができます。

他社の製品も含め、WiMAX製品は通常3年契約が多く、期間内の解約は高額な違約金がかかるケースがほとんどですが、このような制度がある点は、Broad WiMAXのメリットの一つと言えます。

注意点として、解約サポートでの乗り換え回線は種類が決まっており、主なものは以下の通りです。

・SoftBank光
・auひかり
・So-net光
・ビッグローブ光
・broad光
・yahooBB
・Broad LTE

上記の通り、解約サポート対象の回線種類は限られるため、予め把握しておきましょう。

Broad WiMAXの悪い評判や口コミ、デメリット

Broad WiMAXは良い評判も多いですが、中には悪い評判や口コミ、デメリットも有ります。

WiMAX共通の3日10GB制限がある

WiMAXのデメリットは、3日で10GB以上使うと次の日の夜に速度制限がかかる点。

WiMAX製品は、3日間の通信料の合計が10GBを超えると、翌日の夜、おおよそ18:00〜2:00に間に速度制限がかかります。

このデメリットに関しては、Broad WiMAXも例外ではなく、同じデメリットがあります。

ただし、WiMAXの速度制限は、制限がある程度ゆるいことも知られており、速度制限が入っても1Mbps程度は出るため、youtubeの通常画質程度なら再生できます。

また、連続して容量をオーバーしてなければ、翌日には解除されるため、比較的コントロールしやすい特徴もあります。

通常の違約金以外にキャンペーン違約金がある

Broad WiMAXは普通の違約金の他に、キャンペーン違約金(9,500円)もあるから注意が必要。

Broad WiMAXは契約期間が3年であり、期間内の解約は違約金がかかりますが、この点は他社のwimaxと同等で特別なデメリットでは有りません。

Broad WiMAX GMOとくとくBB カシモWiMAX
契約期間 3年 3年 3年
  0〜12ヶ月違約金 19,000円 19,000円 19,000円
13〜24ヶ月違約金 14,000円 14,000円 14,000円
25ヶ月以降違約金 9,500円 9,500円 9,500円
キャンペーン違約金 9,500円 - -

Broad WiMAXの場合はさらに、18,857円の初期費用を無料にするキャンペーンを使用した場合、24ヶ月以内の解約で、キャンペーン違約金として別途9,500円がかかります。

キャンペーン違約金は他社製品には無い制度であり、Broad wimaxのデメリットと言えます

このキャンペーン違約金を知らずに契約してしまうケースも見られるため、予め把握しておく様にしましょう。

Broad WiMAXを実際に使ってみたレビューと評価

管理人が実際にBroad WiMAXを申し込んで使用したレビューや感想、評価をまとめました。

通信速度の実測値や、YouTubeの視聴、PS4オンラインゲーム(apex legends)、Zoomの利用などを実施したので参考にしてください。

Broad WiMAXの申し込み

まずはBroad WiMAXの申し込みです。

エリア確認

申し込みの前にちゃんと電波が入るかエリア確認を実施しました。

(画像引用:Borad WiMAX 公式サイト より)

公式サイトの「エリア確認」→「ピンポイントエリア判定」から住所の入力だけでエリア判定のチェックができます。

▷▷公式サイトでエリア判定を見る

判定で「○」がついてたので申し込みをしました。

申し込みの流れ

申し込みの入力は2〜3分程度で完了します。

選ぶ項目はプラン・端末の種類・オプション等です。

(画像引用:Borad WiMAX 公式サイト より)

1. 端末の選択

端末の種類は4種類です。自宅で使うのに便利な据え置き(ホームルーター)タイプのHOME02L02、持ち運びしやすいモバイルタイプのWX06W06です。

なお、端末の選択画面にて発送日の目安がわかります。

HOME02 L02 WX06 W06
タイプ 据え置き 据え置き モバイル モバイル
メーカー NEC HUAWEI NEC HUAWEI
販売開始 2020年1月 2019年1月 2020年1月 2019年1月
下り最大速度 440Mbps 1.0Gbps 440Mbps 1.2Gbps
バンドステアリング機能 - -

今回は、自動的に最適な周波数に変わるバンドステアリング機能を持つホームルーターのHOME02を選択しました。

通信の安定性を求める場合はこの機能があるHOME02・WX06がおすすめです。ファーウェイ製は今後が少し不安なので、国産という点もメリットですね。

2. プランの選択

ギガ放題 or 月間7GB(ライトプラン) の選択です。私はでギガ放題を選択しました

3. 支払い方法の選択

クレジットカード or 口座振替の選択ですが、クレジットカードを選択しました。

Broad WiMAXの注意点としてクレジットカードでないと初期費用18,857円の割引が無くなります。実質的にクレジットカード一択となります。

4. オプションの選択

Broad WiMAXの注意点として「安心サポート月額550円)」と「My Broadサポート(月額907円・最大2ヶ月無料)」の2点は加入時は必ずつけましょう

理由はこの2点のオプション加入も初期費用18,857円の割引の条件となるからです。不要であれば利用開始後にすぐ解除できます。

(5.付属品の選択)

ホームルータータイプの場合は特に付属品はありません

モバイルタイプを選択した場合は、ACアダプタやケーブル・クレードルなどを購入できます。ただし、少し割高なので必要ならamazonとかで別に買っても良いかもしれません。

個人情報の入力をして終了

あとは個人情報や支払い情報を入力して終わりです。

利用する端末が決まっていれば特に迷わずにサクサク進められました。

Broad WiMAXの到着まで

東京23区内の自宅にて、申し込みの翌日に到着しました。

即日発送の記載通り最短で到着しました。

公式ページでは【関東エリア】1日後、【東北・北陸・東海・関西・四国・中国エリア】2日後、【北海道・九州・沖縄エリア】3日後となってました。

当日発送は平日13時までで、土曜日に即日発送を希望する場合は電話連絡、日曜祝日は発送してないとのことです。

Broad WiMAXの設定と速度の実測値

到着後はまずは端末の設定をしましたが、ホームルータータイプの場合は基本的にSIMを挿してアダプタを繋ぐだけで完了です。

あとはPCやスマホにルーターの裏面にあるパスワードを入れるだけで利用開始できます。

設定後は早速、速度の実測値を見ました。

PM13:00での測定で、76Mbpsとなかなかの速度が出ています。

別の測定サイトでも確認しました。

こちらでも46.92Mbpsとまずまず速い速度が確認できました。

その他の定時の測定結果は以下の通り。測定はFast.comで実施しました。

時間 平日① 平日② 休日
9:00 57Mbps 58Mbps 71Mbps
12:00 45Mbps 37Mbps 62Mbps
15:00 68Mbps 76Mbps 49Mbps
18:00 60Mbps 63Mbps 70Mbps
21:00 38Mbps 61Mbps 33Mbps
23:00 45Mbps 75Mbps 72Mbps

概ね安定した速度がでており、30-70Mbps前後の実測値が多く見られました。

HOME02のバンドステアリング機能のおかげもあるのか、急に繋がらなくなるようなこともありませんでした

ちなみに測定地点は東京23区内の自宅ですがまずますの安定度でした。

WiMAXのエリアは住所だけで判定が可能なので一度チェックしておくのがおすすめです。

▷▷公式サイトでエリア判定を見る

ちなみにHOME02はホームルータータイプなのでディスプレイがありませんが、使用した容量はWebサイトもしくはスマホアプリで確認することができました。

YouTubeの視聴

管理人
管理人

YouTubeは基本問題なし
2160pだと少しキツいかも

YouTubeの視聴は問題なくできました

YouTube 画質 視聴可否
240p
360p
480p
720p
1080p (HD)
1440p (HD)
2160p (4K)

高画質HD1080pでも特にストレスなく見れます。

さらに高画質の1440pも一応問題なくいける感じ。

さすがに4Kの2160pまで上げるとラグがでるようになりました。

YouTubeの2160pは固定回線でも重く感じることが多いので当たり前ですかね。1080pをストレスなく視聴できればパフォーマスンとしてはかなり高いと言えるでしょう。

オンラインゲーム|PS4などは

管理人
管理人

PS4はあまりおすすめできない

PS4でオンラインゲーム(具体的にはapex legendsを試したました)をやってみましたが、こちらは正直おすすめはできないです。

プレイ自体は可能ですが、結構ラグが出ることがあるのと、やはり3日10GBの制限が気になるので、本格的にやるなら固定回線を準備をするのが良いでしょう。

テレワークのZoom、Skypeの利用

管理人
管理人

Zoom、Skypeとかは全く問題なし

テレワークは大丈夫

ZoomSkypeなどのアプリも問題無く使えます。

テレワークはストレス無くできると言えるでしょう。

以下がZoomのビットレート数です。

Zoom 必要ビットレート カシモWiMAX
高品質ビデオ (1対1) 600kbps
1080pHDビデオ (1対1) 1.8Mbps
高品質ビデオ (グループ) 800k-1.0Mbps
1080pHDビデオ (グループ) 2.5-3.0Mbps
画面共有 50-150kbps

Skypeはさらに軽いようです。

Skype 推奨ビットレート カシモWiMAX
ビデオ通話/画面共有 300kbps
ビデオ通話 (HD) 1.5Mbps
グループ ビデオ通話(2人) 2Mbps/512kbps

ただし、WiMAX製品はBroad WiMAXも例外なく3日10GB制限があるので、こっちの制限の方が要注意ですね。

Broad WiMAXの個人的な感想と評価

Broad WiMAXの感想と評価をまとめると以下の通りです。

・申し込みは2〜3分程度で完了
・翌日に到着
・設定は非常に簡単
・通信速度は30〜70Mbpsくらい
・接続はおおむね安定
・YouTube、Zoomテレワークは問題なし
・オンラインゲームはおすすめできない

上記の通り、Broad WiMAXは安定して速度が出るコスパの良いWiMAXという感想です。

申し込みから到着までが速いのも良い点です。

Broad WiMAXとその他の人気WiMAXシリーズを比較すると以下の通りです。

Broad WiMAX GMOとくとくBB カシモWiMAX
月額 2,726円 (1-2ヶ月)
3,411円 (3-24ヶ月)
4,011円 (25ヶ月-)
2,590円 (1-2ヶ月)
3,344円 (3-24ヶ月)
4,263円 (25ヶ月-)
1,380円 (1ヶ月)
3,580円 (2-24ヶ月)
4,079円 (25ヶ月-)
3年合計 131,352円 132,494円 134,048円
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
契約期間 3年 3年 3年
違約金 19,000円 (1年目)
14,000円 (2年目)
9,500円 (3年目-)
19,000円 (1年目)
14,000円 (2年目)
9,500円 (3年目-)
19,000円 (1年目)
14,000円 (2年目)
9,500円 (3年目-)
キャンペーン違約金 9,500円 (-2年目) - -
初期契約解除 8日以内 8日以内 8日以内

上記の通り、Broad WiMAXは3年の月額合計が最も安くコスパが高いWiMAXです。

デメリットして2年以内の解約では他社にはないキャンペーン違約金が発生しますが、Broad WiMAXには「いつでも解約サポート」制度があり、指定の回線(光回線やYAHOO BBなど)であれば違約金無しで乗り換えることが可能です。

また、8日以内なら初期契約解除の対象となるため、安心して使い始めることができます。

Broad WiMAXは継続して人気があり、一時期は製品によっては在庫不足なっていた時期もあったため、申し込みを検討している場合は在庫がある今のうちがおすすめです。